Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/applejuice/tweet-english.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293
【スモールトーク】10選!外国人と緊張せずに会話するための方法 | アリスのつぶやき

アリスのつぶやき

英語と仕事と私

【スモールトーク】10選!外国人と緊張せずに会話するための方法

850 views
約 1 分

外国人と会話をはじめる時は誰だって緊張するものですが、スモールトークを使えば誰だって自然に会話をはじめられます。英語力をあげるために勇気を出して話してみましょう。でも、なにを話したらいいの?どんな話題がいいの?コツはあるの?と疑問もあると思います。今回は、外国人と緊張せずに会話をはじめるときにおすすめの話題や方法について書きたいと思います。

こんにちは、アリスです。

今日は、英語のスモールトークについて書きたいと思います。

ス、スモールトーク?<br>

スモールトークという言葉からひっかかってしまった方へ。

スモールトークとは、日本語でいう「雑談」です。

知らない人と初めて会ったときは、最初に雑談をするとお互いに気持ちが打ち解けたり話しやすくなったりしますよね。これは英語に限らず、母国語の日本語で日本人と会話を始めるときも同じで緊張するものです。どの言語でもいかに相手をリラックスさせ、会話を続けることができるかは、生きていく中で重要なことですね。

日本人が日本で生活するうえでは、感覚的にどんな雑談をしたらよいかは自然に思いついたり考えることができますが、西洋の文化ではなにを話題にすると会話が盛り上がったり初対面の人に対して失礼のないことなのでしょうか。最初のスモールトーク(雑談)にふさわしい話題を知っておくと便利ですね。

日本人との会話の中でもよく起こることですが、お互いに話題が見つからないときの沈黙のことを、awkward silenceといいます。

awkward(不快に感じる、気恥ずかしい)<br>

日本人以外の人だとこのような微妙な沈黙のことを気にしないのではないかと思われがちですが、意外や意外。このような言い回しがあるということは、日本人以外でも誰にでも微妙な沈黙があるということは気まずいことなのですね(笑)

このようなawkward silenceに陥らないために英語での雑談の仕方を覚えておきましょう。

スモールトークで自己紹介(Introductions)

Introductions 自己紹介

初めて会う人には自己紹介をしましょう。当たり前のようですが、日本では仕事でない場合はしっかりとした自己紹介をしない人もいます。英語での会話では必須と考えてよいでしょう。最低限なのは、自分の名前を伝えることです。最初は難しくかんがえずに名前を伝える!このことに集中してみましょう。

・“Hi.  I’m [Your Name].” (こんにちは。私は○○です。)

・“Hello, how are you today?  I’m ~~.” (こんにちは、気分はどう?私は○○です。)

スモールトークで一般的な話題(Universal Topics)

Universal Topics 一般的な話題

これは誰もが話題にできるものです。天気、ニュース、スポーツ、家族、旅行などいろいろあります。今現在話題になっていることでも良いです。また日本人にはあまりなじみがないかもしれませんが、自分の家族について話したりもします。

・“It’s really hot, isn’t it?” (今日すごい暑くないですか?)

・“Did you watch the baseball game between Giants and Tigers?” (昨日のジャイアンツとタイガースの試合見た?)

・“Do you have any brothers or sisters?” (ご兄弟はいらっしゃいますか?)

・“Where did you go during Golden Week?” (ゴールデンウィーク中はどこかへ行かれましたか?)

スモールトークで本日の話題(The Day) 

The Day  今日のこと(その日のこと、または週末のこと)

その日初めて会った人にその人の一日を訪ねるのは日本人としては少し変に感じるかもしれません。また出会っていなかった先週末のことなど訪ねてもいいのか!?という気持ちになるかもしれませんが、スモールトークにはとっておきの話題です。気兼ねなく聞いてみましょう。また自分のことを先に話すことで警戒心を解くことができ、また相手に対しても質問などをして会話が続くようにしましょう。

・“How was your day?”(今日はどんな一日でしたか?)

・“What are you planning for after work?” (仕事のあとは何かする予定がありますか?)

・“Good morning.  I went shopping on Saturday, and I bought too much of my clothes.”

(おはよう。土曜日買い物に行ったんだけどいっぱい服買っちゃった。)

スモールトークで気づきの会話(Observations)

Observations 気づき

普段よりなにか違うことに気が付いたらぜひ使ってみたいフレーズです。日本人は気づきに敏感ですのでこの話題は得意かもしれませんね。やはりいつもと違う自分に気づいてくれたということは嬉しいものです。その後の関係もよくなるかもしれませんね。

・Nice watch! (その時計、いいですね!)

・I really like your new glasses. (その新しいメガネ、いいですね!)

・You got a new iPad!  I want the same one. (新しいiPad買ったんですね!私も同じのがほしいです。)

スモールトークで共通の興味の会話(Common Interests)

Common Interests 共通の興味

初対面の人と話す場合、まず上記のようなスモールトークを少しずつ話しながら、もしその中で話している相手がなにか特定の話題に対して良い反応を示したときを見逃さないで!例えば、「映画」の話題であれば映画の話しを続けて共通の興味がある映画の話しをすると盛り上がりますね。

“I heard that you like SF movies. So do I! Which one is your favorite?” (SF映画が好きだと聞いたのですが私も好きなんですよ!なんのSF映画が好きですか?)

“I noticed your hat has a Tigers logo. Are you a fan of baseball too?” (その帽子タイガースのロゴがついてますね!あなたも野球好きなんですか?)

“Ashley told me that you took a trip to Los Angles last year. I want to go there soon too. 

(アシュリーが去年あなたはロサンゼルスに行ったって言ってましたけど、私ももうすぐそこに行くんですよ。何が一番よかったですか?)

What was the best part of your trip?” (今まで旅行した中でどこが一番よかったですか?)

スモールトークで職場の話し(The workplace)

The workplace(職場の話し)

同じ職場で働いていても話したことのない人と話すときなど、とてもよい話題になります。最初からあまりディープな話題や突っ込みすぎた話題は避けた方がよいです。同じ職場でなくても、相手がどのような仕事をしているのかを訪ねることはお互いに興味があると感じることになりますのでより会話が弾むでしょう。

“Hi Tom.  How are things going in the HR department today?” (やあ、トム。今日の人事部での仕事はどうだった?)

“Good morning.  I'm really looking forward to the party after work today.” (おはよう!今日の仕事終わったあとのパーティーすごく楽しみ~!)

“Today is  so busy!  This is my first break all day.  Are you busy too?” (今日はすごく忙しいの。これが今日初めての休憩よ。あなたも忙しい?)

スモールトークで出身地の話し(The birthplace)

The birthplace(出身地)

出身地を訪ねることでさらに話しが広がります。もしその地を訪れたことはあるならなおさら、共通の話しがさらに見つかるかもしれませんね。その国のことについて知っていることを話して盛り上がりましょう。

“Where are you from?” (どちら出身ですか?)

“Are you from around here?” (このあたりのご出身ですか?)

相づちを打つ(Making a quick response)

相手が話したことに対して相づちを打つことをmaking a quick responseといいます。その単語のとおり、素早い反応をすることで相手への共感や理解を表します。英語の相槌にもいろいろな言い回しがあるのでワンパターンにならないように覚えておくとよいですね。

・Right. (そうですね。)

・I see. (なるほど。)

・That's true. (その通りですね。)

・I know. (わかります。)

・That's intersting.(それは興味深いですね。)

・That makes sense. (それは納得ですね。)

・Exactly. (その通りですね。)

自信を持って話す(Have confidence to talk)

英語を話すときネイティブスピーカーでない限り自信が持てないということは、最初はみんな一緒です!たとえ自信がなくても自信があるように見せる、話すことは重要です。ぜひ一歩踏み出して少し勇気を出して話し始めてください。緊張するのはみんな一緒!と心の中で思ってくださいね。

外国人と緊張せずにスモールトークするコツ

・良い会話を始めるポイントは、自分の意見を言った後に質問をする。

・自分の会話パターンと言い回しをあらかじめ決めておく。

まとめ

スモールトークで自己紹介(Introductions)

スモールトークで一般的な話題(Universal Topics)

スモールトークで今日のこと(The day)

スモールトークで気づき(Observations)

スモールトークで共通の興味(Common Interests)

スモールトークで職場の話し(The workplace)

スモールトークで出身地の話し(The birthplace)

相づちを打つ(Making a quick response)

自信を持って話す(Have confidence to talk)

外国人と緊張せずにスモールトークするコツ

このように上記10個のスモールトークをするときの方法を知ることであなたも今日からネイティブスピーカに近づけますよ。話す内容は、あらかじめ自分で考えて決めておくのです。そして、何度も何度も練習して、第一声でサラッと自然な英語が出てくるように準備しておきましょう。何事も準備と練習を重ねるのみ!

アリスがつぶやくと世界は変わる^^

アリス流スモールトークをLet’s try!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets
Pocket
Evernote
Profile image
30代。英語勉強歴20年以上。仕事での会話はほぼ英語。趣味は英語で映画鑑賞することとインターネット。時短と一人の時間を大切に。ママになってもステキな女性でいたい。