Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/applejuice/tweet-english.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293
【新聞の読み方】おすすめ7選!誰でも簡単にできる英語学習法 | アリスのつぶやき

アリスのつぶやき

英語と仕事と私

【新聞の読み方】おすすめ7選!誰でも簡単にできる英語学習法

316 views
約 1 分

「英語の勉強を始めてみたいな」と思ったときには、英字新聞を使った学習をオススメします。「英語の勉強をはじめたい」「まずはカンタンに始められることから英語を勉強したい」そう思ったときがはじめ時です。

こんにちは、アリスです。

新年の抱負で新たに英語の勉強をはじめよう!と決めた人も多いはず。でもなにから始めたらいいの?超初心者だけど大丈夫?今日は、英字新聞を読むときのコツと、英字新聞を選ぶときのコツをお伝えします。

英字新聞を読むときのコツ:全部を読もうとしない

「英字新聞なんて無理だよー読めないよー」と感じている人のうちの大抵の人は、まず目に入ってきた大量の英語に圧倒され、全部を読んで理解しなくては、と思っているはずです。まず、全部読もうとすると時間がかかりますし、興味のない記事まで読むハメに。そしてなによりプレッシャーですよね。英語を学ぶのに大切なのは、まずは楽しさです。英字新聞にガチガチにされないようにしましょう。まずは、興味のある記事、知っている単語が並んでいる記事、日常で話題になっている記事を読んでみましょう。話題になっている記事だと、日本語でもニュースになっているものもありますから、予備知識がありとても読みやすいですよ。

英字新聞を読むときのコツ:辞書はなるべく使わない

信じられないかもしれませんが、英字新聞を読むときに大切なのは、辞書をなるべく使わずに読むということです。辞書を使うと時間もかかりますし、なにより労力がかかります。翻訳家なら別ですが、翻訳するわけではないので知らない単語はそのまま飛ばして読み進めましょう。本文を読んでいるうちにその単語の意味が次第にわかってくるものもあります。何度も同じ単語が出てきたり、どうしてもわからない単語に出くわしたら辞書を使っても構いませんよ。ここでのポイントはなるべく辞書を使わずに単語の意味を想像して読み進めることです。

英字新聞を読むときのコツ:Headline(見出し)のルールを知る

英字新聞の見出しの書き方には、特別なルールがあります。見出しは、時制が少しズレていたり、短くまとめる必要がありますのでちょっとした工夫がされています。そのままで訳しても意味が通じなくなりますので注意を。でも一度ルールを覚えてしまうとカンタンですよ。

  • できる限り短くまとめられている
  • be動詞は省略されている
  • 動詞の現在形は過去を意味している
  • 過去形は受動態を意味している
  • 未来形は、to+動詞の原型
  • 冠詞、代名詞は省略されている(明らかな場合)
  • andは、,(コンマ)で書かれている

ひとつ例を挙げてみましょう。

Another New York love story: Police find couple's lost engagement ring

英国の観光客がなくした婚約指輪 ニューヨーク市警が無事発見

指輪が発見された、というニュースでしたが、上記の見出しでは'find'と現在形になっています。これには「動詞の現在形は過去を意味している」というルールが当てはまります。よって現在形で書かれていますが、「みつけた」という過去の意味となるのですね。


英字新聞を読むときのコツ:最初の一文Lead(リード)に注目する

見出しのあとの最初の一文をLead(リード)と呼びます。この一文にニュースの概要、いつ、どこで、誰が、何をしたかが書かれています。見出しのあとのこのリードを読むだけでもニュースの全容を捉えることができるのでリードだけを読んでいくというのも忙しい人にはおすすめです。

英字新聞を選ぶときのコツ:日本で発行されているものがおすすめ

英字新聞を読んでみたいけれど、結局どれがいいの?自分に合った英字新聞はどれ?

英字新聞には、海外で発行されているもの(例:New York Times, Washington Postなど)と、日本で発行されているもの(Mainichi Weekly, Asahi Weeklyなど)があります。

英語学習者には日本で発行されている英字新聞をおすすめします。

日本で発行されている英字新聞は、日本語と英語の表記があったり、日本語の新聞で取り上げられた同じニュースが載っていたりして、とてもわかりやすいのです。比較的カンタンな英語を使っていたり、英語学習者向けに横に注訳が書いてあったり単語の意味を載せてくれているような新聞もあります。

英字新聞を選ぶときのコツ:日刊より週刊がおすすめ

わたし自身、週刊の英字新聞を購読しています。週刊のいいところは、一週間に一回の発行なので、ひとつの新聞に目を通すのに7日間あります。英語の勉強を始めたい、忙しいOLさん、主婦、ママにはとっておもおすすめのペースです。日刊だと英語の量に圧倒されて挫折してしまいかねません。時間がなくて読めなかった場合にもなぜか罪悪感が湧くんですよね(笑)そんな悪循環に巻き込まれないためにも週刊をおすすめします!

英字新聞を選ぶときのコツ:電子版より紙媒体がおすすめ

英字新聞を購読する場合、紙の新聞を購読するか、オンラインの電子版を購読するかのどちらかを選ぶことになります。どちらにもメリットはありますが、私は紙の英字新聞を購読することをおすすめします。

欲を言えば、紙媒体も電子版もある英字新聞がベストですが。

紙の英字新聞のメリットは、

  • 書き込みができる
  • 目が疲れにくい
  • 自宅に届くので習慣的に手に取りやすい
  • 空いた時間にすぐ手に取って読める

などが挙げられます。一番の強みは、上記3番目の「習慣的に手に取りやすい」だと個人的には思っていて、これが今回、紙媒体をおすすめする一番の理由です。ちょっと時間が空いたときに、すぐそこに紙の新聞があれば、手を伸ばして読んでみたくなりますし、また毎週新しい新聞が届くのがすごく楽しみになるんですよね。朝、家のポストを開けて、新聞を取り出すとき、どんな記事が一面になっているのだろうというわくわく感がとても好きです。

おすすめの英字新聞(初心者向け)

では、どの英字新聞を使って実際に多くの人は英語の勉強をしているのでしょうか。初心者でも抵抗なく読み始められる新聞をご紹介します。

Japan Times Alpha(ジャパンタイムズ・アルファ)

株式会社ジャパンタイムズが発行している「Japan Times Alpha」。5年前までは「The Japan Times ST」の名で発行されていましたが、2018年7月から、今の「Japan Times Alpha」と名を変えています。

「英語学習者のための英字新聞」をコンセプトにして発行されていますので、とても読みやすいです!日本語の注訳や対訳も載っているので負担なく読み進められます。しかも記事自体が短めになっていて、長すぎて途中で挫折することが少ないです。これはとっても重要なポイントです!

そしてインデックスがとても見やすくなっています。各コンテンツごとにレベルが表示されているので、自分のレベルにあった記事を簡単に選ぶこともできますよ。

そのほかにも、エッセイ、コラム、各界で活躍する人のインタビュー記事、外国人から見た日本のこと、TOEIC対策コーナーなどもあるので、長文を読むのに疲れたら一息、これらのコーナーを挟むのもOK。メリハリをつけられて、続けられるのはいいですよね。またこちらは電子版もありますので合わせて学習するとより深く英語を習得できること間違いなし!

Asahi Weekly(朝日ウィークリー)

株式会社朝日新聞が発行している「Asahi Weekly」。こちらも英語学習者向けになっています。初年度は調べる限り2009年から発行があるようです。今でもバックナンバーが買えるようになっています。

こちらも日本語と英語の両方が使われていて、注訳や単語の意味も横に載っていますので読み進めるにはとても便利です。

毎回、一面の記事の日本語訳はすごーく意訳になっていますが、この意訳もまた素晴らしいです。英語のタイトルも韻を踏んだり、ネイティブの言い回しになっていたりして、とても勉強になります。その意訳の注訳も書いてありますからわかりやすいですよ。

その他にも、PEANUTS(ピーナッツ)の漫画があったり、日本に住む外国人のコラム、翻訳者の苦悩、その時その時の社会問題になっているが、日本人はあまり発言できないような内容のコラムなど、目白押しです。

まとめ

英字新聞を読むときのコツ:全部を読もうとしない

英字新聞を読むときのコツ:辞書はなるべく使わない

英字新聞を読むときのコツ:Headline(見出し)のルールを知る

英字新聞を読むときのコツ:最初の一文Lead(リード)に注目する

英字新聞を選ぶときのコツ:日本で発行されているものがおすすめ

英字新聞を選ぶときのコツ:日刊より週刊がおすすめ

英字新聞を選ぶときのコツ:電子版より紙媒体がおすすめ

おすすめの英字新聞(初心者向け):Japan Times Alpha, Asahi Weekly

このように、上記7つのコツを知ることで今日からあなたもイングリッシュラーナーの仲間入りです。思い立ったが吉日!英語学習は毎日少しずつコツコツと、なにより続けることが一番大事です。

アリスがつぶやくと世界は変わる^^

アリス流英字新聞で英語学習の始め方をLet's try!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets
Pocket
Evernote
Profile image
30代。英語勉強歴20年以上。仕事での会話はほぼ英語。趣味は英語で映画鑑賞することとインターネット。時短と一人の時間を大切に。ママになってもステキな女性でいたい。